天現寺クリニック 銀座院

TEL:03-6274-6626 11:00-20:00

ご予約はこちらから

顔のお悩み

花粉症

花粉症注射

花粉症注射は、花粉症の主な症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどどの症状も抑えることができます。症状は人それぞれです。症状など、ご自身にあった薬剤をご案内させて頂きます。

ノイロトロピン注射

アレルギー性鼻炎の注射薬です。花粉症に対して用いることが可能です。ノイロトロピン注射はワクシニアウィルスを家兎(ウサギ)の皮膚に注射し、炎症を生じた皮膚組織から活性物質を抽出したものです。

ノイロトロピンのは鎮痛薬として外科、整形外科の病院で活用されています。皮膚科では、蕁麻疹、湿疹など皮膚疾患に伴う掻痒感の対策として用いられ、健康保険の適用があります。

ノイロトロピン注射は、花粉症による鼻水、鼻づまり、目の痒みに対して効果があり、皮膚の掻痒感を抑える作用もあります。花粉症対策の飲み薬との併用も可能なので、便利です。副作用が殆どないことも利点です。

ヒスタグロビン注射

ヒトから採取した免疫グロブリンに塩酸ヒスタミンを加えた製剤です。繰り返しヒスタグロビンを注射することで、ヒスタミン抗体を産生させます。その結果、アレルギー反応でヒスタミンが放出されても耐性ができて、反応が抑えられます。効果の発現が緩徐なので、花粉症の症状が出始める前に接種する必要があります。

 

その他の注射(強力ネオミノファーゲンC、プラセンタなど)

強力ネオミノファーゲンCは、抗炎症作用があり、湿疹、皮膚炎、じんましん等に用いられます。スギ花粉による皮膚アレルギー、皮膚の掻痒感が生じる方がいます。その場合、内服薬に加えて補助的に使うことがあります。 プラセンタ注射は、美白、美肌、シミ・シワ対策およびエイジングケア効果、更年期対策に用いられます。プラセンタには抗炎症作用と免疫力を高める作用があるので、アトピー、アレルギー症状、花粉症にも活用されています。

費用など、詳細はお電話にてお尋ねください。

 

無料カウンセリング予約はこちら