天現寺クリニック 銀座院

TEL:03-6274-6626 11:00-20:00

ご予約はこちらから

脂肪由来幹細胞培養上清液

脂肪由来幹細胞培養上清液

脂肪由来幹細胞培養上清液とは

私たちの体には約60兆個もの細胞が集まっており、体の組織や器官の中でそれぞれの役割を持って働いています。その細胞の中に「様々な細胞に分化し、組織を生成する」細胞があり、この細胞を幹細胞といいます。 この幹細胞は、骨髄や脂肪組織の中に多く見られる細胞で、病気やけがで失われた細胞に集まり分化、分裂を繰り返しながら、新たな細胞を生み出して組織を修復し、最終的には組織としての機能を回復させます。 「脂肪由来幹細胞培養上清液」とは、ヒトの体内脂肪に存在する幹細胞を培養し、この培養液から細胞や不 純物を厳密に取り除いた上澄みの部分です。 「脂肪由来幹細胞培養上清液」に含まれる何百種類もの様々な成長因子の働きが、体内の老朽化した部位の修復、毛細血管や血管壁を修復することにより、細胞の生着を高め、発育の増殖作用を促進します。 体内からの若々しさの回復は顔や皮膚、活動までも変化させ究極のエイジングケアと呼べるでしょう。また、肌の衰えやエイジングケア効果が期待されます。 抗酸化作用、創傷治癒効果、シワ改善防止効果など美容に有効とされる多くの成長因子が含まれています。

「脂肪由来幹細胞培養上清液」に含まれる主な成長因子

成長因子とは、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称で、細胞の増殖や分化などを 調節する働きを持ち、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たしています。

「脂肪由来幹細胞培養上清液」に期待できる効果

・皮膚の再生
・肌に潤いを与える
・肌にハリを与える
・肌のキメを整える
・毛穴を目立たなくさせる
・皮膚の乾燥を防ぐ
・肌を引き締める
・肌の透明感が増す
・肌のトーンが改善する
・皮膚を健やかに保つ
・小じわを目立たなくさせる
・美白、クマの改善
・肌質の改善

「脂肪由来幹細胞培養上清液」の安全性について

■培地、製造工程

・無血清培地を使用して培養  ・ヒト及び動物由来成分を用いない製造工程

■ドナースクリーニングの徹底  

・原料とする幹細胞は、細胞組織に対する厳密なドナースクリーニングをクリアしたものを採用

■製品への安全性・毒性試験の実施

・皮内反応試験       ✔安全性を確認済み    

・皮膚感作性試験      ✔安全性を確認済み    
・急性全身毒性試験      ✔安全性を確認済み    

・反復全身毒性試験     ✔安全性を確認済み    

・皮膚一次刺激性試験    ✔安全性を確認済み    

・抗原性試験        ✔安全性を確認済み    

・連続皮膚刺激性試験    ✔安全性を確認済み
■細胞培養加工施設  
・特定加工物細胞製造事業者の細胞培養加工施設にて培養  
・フィルタリングやクリーンルームによる滅菌処理  
・厳格に管理された施設内での製造

脂肪由来幹細胞培養上清液での治療方法

経験豊富なドクターによる注入法

ナパージュ法(角質~表皮の浅い層をターゲットにごく少量注射する方法)

筋肉注射

脂肪由来幹細胞培養上清液は筋肉注射をしても効果があります。 内面からアンチエイジングを行います。

脂肪由来幹細胞培養上清液治療の流れ

STEP.01

[1] まずはカウンセリング。ご希望やご質問、気になる料金について等々、納得のカウンセリングを行います。

STEP.02

[2] 注射位置を先生と相談しながら決めていきます。

STEP.03

[3] 必要に応じて麻酔クリームを塗り、施術に備えます。

STEP.04

[4] 若干腫れる場合もありますが、すぐ引くので心配はいりません。

STEP.05

[5] 終了注射跡を冷やして終了。術後にメイクをしてお帰りいただけます。ダウンタイムはありません。

 

施術表

施術時間 部位により15〜30分(カウンセリングを除く)
麻 酔 麻酔クリーム(麻酔を希望の場合、別途30分程度かかります)
傷 跡 注射なので傷跡は目立ちません。体質により内出血が出る場合があります。
腫 れ 万が一腫れや内出血が出た場合、腫れは数日でおさまります。
通 院 1〜3ヶ月おき
副作用 副作用はほとんどありません。
シャワー・入浴・運動 シャワー…当日から可能。
入浴…翌日から可能。
運動…軽い運動は同日から可能。激しい運動は翌日から可能。

 

【施術料金】

注意事項

・当日は激しい運動、サウナ、入浴は避け、飲酒も控えてください。

・注入後は患部を清潔にし、指示がある場合は外用剤の塗布、内服薬の服用をして下さい。注射後の紅斑、内出血などが残る方もいますが数日のうちに消えます。瘢痕化した場合は長期に及ぶ場合もあります。

・同部位注入は1ヶ月の治療間隔が必要です。

 

脂肪由来幹細胞培養上清液を受けることができない方

・局所に感染がある方、ケロイド体質の方

・同部位への注入(EB以外の注入剤)間隔が1週間満たない方

・動物性蛋白のアレルギーがある方

・甲状腺機能に問題のある方

・子宮筋腫や卵巣嚢腫にかかっている方

・妊娠中の方、またはその可能性がある方

 

無料カウンセリング予約はこちら